次男アートの特支学校の面談に行ってきました~卒業後の進路決定に向けて

高3の次男アートの面談に行ってきました。


いよいよ。卒業後の進路決定に向けて。


色々な作業所さんをこれまで・・・小学部中学部高等部・・とずっと、機会を見て情報を集め見学させて頂き・・


アートが卒業後の長い人生を送る場所。少しでもお仕事ができる場所。


現場実習では色々ありました。


アートには合っていない・・・そう思う事の方が多かったです。


でも、やっと。


高2の3学期で行かせていただいた施設さんでのお仕事が、かなりしっかりできました!


それから、高3になって1学期の現場実習・2学期の現場実習、ともに同じところで続けてきました。


そして、卒業後、受け入れてくださるお話しを、今回いただけました。


良かった・・・ひとまず。卒業後にアートがお仕事できる場所ができた・・!!


でも、始まってみると色々あるかもしれません。


またその時には見極めて色々考えなくてはならないかもしれませんが・・


ひとまず。


頑張ってみること。


その場所ができたこと。


先生ともお話しをさせていただき、今後進めて行くことになりました。


アートの自閉症が分かってから・・・


将来のことばかりを考えるようになっていました。


とにかく情報集めをして・・・


学校で教育を受けられる時間は、長い人生を考えると本当に貴重な時間であること。


そのことを今心から、あらためて思います・・!!


先生方、いつも本当にありがとうございます。



そしてお友達もいつもありがとうございます!


残りの高校生活・・・教育を受けられる時間を大切に。


1日1日、しっかり行きたいと思います。