2年生最後の特支学校の個人面談~あと1年で・・・・

今日は夕方休みをもらって、自閉症の次男アートの、今年度最後の個人面談に行ってきました!!



この一年も・・・



たくさんの行事、そして3回の現場実習。



やはり実習しないと見えないこともたくさんあり・・・



特に、アートが興味を示すお仕事、少しでも集中できるお仕事、を探すのが大変でした・・・



1学期・2学期の実習場所はなかなか集中できなかったのですが・・・



3学期にいった場所が、集中できるお仕事があり、道が開けたような気持ちになりました・・・!!



本人にあったお仕事・場所探し・・・



本当に大変なことを痛感しました。とにかく保護者の情報集めが大事です。



3年生になってからはいよいよ2週間の実習になります。



またがんばってほしいです。



それから学校生活では・・・



良き先生方、お友達に恵まれたこと、あらためて感謝の気持ちでいっぱいになりました。



アートを気にかけて声をかけてくれるお友達の存在も分かり、本当に嬉しかったです。



アートが学校で教育を受けられるのは・・・・あと1年。



2歳で自閉症がわかってから、15年…本当に本当に色々なことを乗り越えてきました。



実は今も困難にぶつかっています。でも・・・手をさしのべてくださる方々の存在に助けられています。



とにかく耐えること・・・待つこと・・・



そういう時期も何度もありました。



でも朝は必ずやってくる。



その言葉に励まされ、そして朝を迎えるような気持ちになれたことも・・・何度もありました。



生きていると色々なことがありますが・・・



やはり、この言葉。



一歩ずつ。



また歩いて行こう。